少人数で行われるかどうかもポイント

少人数で行われるかどうかもポイント

少人数で行われるかどうかもポイント 和服を美しく着こなしたいと考える人は意外と多く、ただなかなか1歩を踏み出せない人もまたたくさんいます。
着付け教室を選ぶときにまず考えておきたいのが、教わる機会がたくさんあることです。
何十人もの生徒が大部屋に集い、少ない講師から教わっていたのでは、チャンスそのものが少なくなります。
少人数で行っているというだけで、質問をしたり細かいところまで指摘をされる機会を増やすことが可能です。
マンツーマンで着付けを習うことができればベストですが、それだと費用もかさみがちなので、少人数でうまくバランスをとっている着付け教室が狙い目です。
部屋が広すぎなければ、教える側からしても目が行き届きやすくなります。
些細な間違いや雰囲気の違いも気づきやすく、格好良く着物を着られるための時間は、どんどん短縮することができます。
せっかく着付け教室に習いに行っても、あまり進歩しなかったという事態は避けたいので、教わる時間を有効に使えることが大切です。

着付け教室に通う場合に用意するものはある?

着付け教室に通う場合に用意するものはある? 着物の着付け教室では、着物・帯・長襦袢・肌着・タオル・腰紐など、さまざまなものを使用して着付けを行います。
そして教室によっては、これら必要なものを自分で用意していく必要があります。
しかし、大手の着付け教室などでは「手ぶらでレッスン」を謳っているところも多く、必要な用品の一式を借りられることがあります。
その場合、自身で準備していくものはほとんどありません。
ただ、着付けの際に用意しておくと便利な道具があります。
例えば衿止めは無くても問題ないものですが、準備しておくと襟元の着くずれ帽子として役立ちます。
また、帯枕を支えてくれる帯揚げ止めも無くても問題ないものですが、人によってはあった方が着付けやすいことがあります。
これらは教室で準備してくれている場合もありますが、必須のものではないため必ずしもあるとは限りません。
そのため、状況に応じて必要であれば準備しておくと良いでしょう。
その他にも、教室で支持されている持ち物があれば、持参する必要があります。

新着情報

◎2021/6/10

少人数で行われるかどうかもポイント
の情報を更新しました。

◎2021/3/2

着付け教室で学べる技術
の情報を更新しました。

◎2020/11/27

無料レンタルできる教室がお得
の情報を更新しました。

◎2020/9/14

着付け教室のレッスン内容
の情報を更新しました。

◎2020/08/12

サイト公開しました

「着付け 用意」
に関連するツイート
Twitter